平手公基建築設計事務所

第25回すまいる愛知住宅賞受賞 第25回愛知県森林協会長賞受賞 第25回すまいる愛知住宅賞受賞 第25回愛知県森林協会長賞受賞 第25回すまいる愛知住宅賞受賞 第25回愛知県森林協会長賞受賞 第25回すまいる愛知住宅賞受賞 第25回愛知県森林協会長賞受賞 第25回すまいる愛知住宅賞受賞 第25回愛知県森林協会長賞受賞 第25回すまいる愛知住宅賞受賞 第25回愛知県森林協会長賞受賞 第25回すまいる愛知住宅賞受賞 第25回愛知県森林協会長賞受賞 第25回すまいる愛知住宅賞受賞 第25回愛知県森林協会長賞受賞 第25回すまいる愛知住宅賞受賞 第25回愛知県森林協会長賞受賞

自然素材と匠の技を活かした「日本の家」をご提案します。

 

  • 自然素材 

木と土、そして紙。自然由来の素材と心豊かに健康的に暮らす。

 本物の素材の豊かな表情と特性が住み手の心と五感を癒します。自然が失われつつある現代社会、都会生活でこそ、その効果を実感できるのではないでしょうか?

ゆっくり天然乾燥された国産近県産無垢材

 ゆっくり時間を掛けて天然乾燥した、色艶も香りも力も失わない、ヒノキ、スギ、マツ等々無垢の国産材をふんだんに使用します。愛知県三河、岐阜県東濃、長野県木曾上松、静岡県天竜、三重県尾鷲などから上質な木材を調達します。 

 土壁

 耐火性は建築基準法で防火構造として認められています。耐震性は小舞竹を組んだ上に土を塗った壁は筋交いを入れた壁以上の耐力を有します。蓄熱性は夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことに優位に働きます。調湿性は木材、紙材と共に優れており、年間を通して快適に過ごせます。何よりもその風合いは風雅の道の先人たちに愛されてきたものです。

  • 匠の技 

匠の手刻み

 1本、1本、木の特性を確認して大工棟梁が手刻みで加工します。

釘を使用しない木組を駆使した伝統的な架構も可能です。 

 伝統的な架構は様々な接ぎ手や仕口の種類があり、日本建築本来の架構です。


 

誇りをかけて、丹精込めて、  

 大工棟梁を筆頭に熟練した各種専門のプロが誇りをかけて一棟、一棟、丹精込めて造り上げます

  • 自由設計 

フルオーダーの自由設計で「買う」のではなく「建てる」喜びを。

 お客様の要望に沿うように、間取りから、一つ一つの部材、材質、仕上を設えていきます。

シンプルで、飽きのこない、身の丈にあった、日本の家がいい

 奇抜であったり、装飾華美なデザイン、必要以上の機能過多の設備、接着剤と印刷物に囲まれたような住まいはちょっと違うと多くの人が気付き始めています。

  • 価格について

本格木造は手が届かないのか?

 大手ハウスメーカーと同等の費用での建築が可能です。理由は、展示場、TVCMなどの広告費を含めた莫大な経費がかからないためです。
 工務店も小規模で木材を産地より直接買い付けるなどの工夫をしており、その分お客様に還元できます。リーズナブルな価格でより上質な選択を提供いたします。

  • 建築が担う社会性 

環境に配慮した地域の材で、地域の職人で、、、

 やがて安心・安全に暮らせる豊かな地域の財産として蓄積されていきます。

  • 一般木造から本格木造まで対応できます。

伝統構法と在来軸組構法の違い

 伝統構法は、1950年くらいまで広く用いられてきた日本の伝承的な構法です。その特徴は、通貫を中心に、柱を貫通する水平材を多用して、柱を主構造に生かし架構そのものを意匠化した構造で、抵抗要素が極めて多い安全率の高い、しかも高耐久性の架構です。
 在来軸組構法は住宅金融公庫ができ、融資基準を決める必要から作られて以来の構法、筋交と金物を多用し、架構をすべて仕上げで隠してしまう構法です。ツーバイフォー工法に対し在来と呼ばれています。現在の多くの木造住宅に使われています。

事実が証明している技術と文化性 

 現存する築数百年の国宝、文化財等の民家建築、社寺建築、城郭建築も伝統構法で建てられています。 

伝統構法〜伝統を守りながら、常に新たな可能性に挑戦する〜

伝統構法は、日本文化の根幹をなすものです。世界にその類をみない技と藝と美学の統一された優れた体系をもっています。ゆとりとうるおいが求められる現代にこそ活かされるべき構法です。